出産レポ〜後編

いざ分娩室に移動…日が変わる12時くらいでした。 主人に大潮の時刻を聞いてみたのですが、ピークを過ぎひいてきているとの事… 逆らうのね!私の赤ちゃん(笑) 分娩室に行ってからも、助産師さんが1人で殆ど対応してくれてました。 機械の説明や表示の内容を主人と質問しまくり、娘の時は回旋異常のため 分娩台で四つん這いのあげく赤ちゃん低心拍のため手術場にストレッチャー搬送され、下半身麻酔の処置をして下から吸引分娩になったので……こんなだった?とか3年前を振り返って話す余裕がありました! 陣痛レベルが100を超えるようになった時には主人も黙りましたね。 そして…夜中ですが、3歳前の娘も立ち会う予定だったので…義母が連れて来てくれました! 娘の顔を見ると 冷静な母ちゃんになりましたね。 陣痛の間は『ママもう少しで赤ちゃんを ん~!てして産むからね。』 娘も最初は分娩室の器具にひいてましたが、私たちと話すうちにウキウキな娘に戻りました。 そんな事をして冷静だったのが急変! 1時には強い陣痛が繰り返し、小刻みに来るようになりました! 分娩室で座ったままあぐらをかいて、お尻にはテニスボール!このテニスボールが肛門を押してくれるから、楽に痛みを逃してくれてるのが分かりました! テニスボールを御祭りしたいくらい神様みたいな存在でした! そう言えば!!旦那さんも今回は腰をさすったり、お尻を押さえさせられたり…全くないままでした。主人も覚悟はできていたと思いますが 拍子抜けだったかも。 ただ…1時くらいの強い陣痛の時は赤ちゃんも100前後の心拍になり少し不安でしたが、私が酸素マスクもして…内診するとさっき4~5cm開いてたのがいきなり9cm!! しかも強い陣痛に合わせるように大きな胎動が2回くらいありました!赤ちゃんが逆立ちした?ってくらいのすごいもの!! そのせいか頭が産道に入って来てたみたいです! 助産師さんが『先生呼んで!』と慌ただしくなり…下半身にあてるライトやら グリーンのシートなどを広げだし、主人も手袋をはめてスタンバイ! 先生と助産師さんの2人の連携プレーお見事でした。 女医さん『次のでいこうか』 助産師さん『次は吸って息を止めて自然に前へ力んでー!』 私『スゥ~(吸う)!んー…。』力むというよりは痛みを逃さないだけ。みたいな…。 どうやら上手かったらしいが、私は実感なし!赤ちゃんに任せただけ。 助産師さん『そう!上手!』 女医さん『上手!少しだけ会陰切るね。次のでいこうか』 ジョキン!! 助産師さん『頭見えてきたよ!もう一回してねー!この波で2回力んでみようか』 私『ん~…』 後ろから看護師さんが『もう息をして…』 同時に腹部を少しだけ押されたら… 出てきた赤ちゃん!! 胴体を見た 女医さん思わず大きな声ではっきりと 『(赤ちゃん)大きいなぁ!!』 助産師さん『ほーら、出たよー!』 助産師さん『旦那さんここね、こう』 主人『こうですね。』 看護師『はい、お母さんカメラ』と私にビデオカメラを渡され私は主人を撮影! なんじゃこりゃ(笑)私、まだ胎盤も体の中よ?!なのに撮影?! 産んだ直後に渡されたら涙も止まっちまったよ!! そして主人は無事にへその緒切れました!赤ちゃんを産まれたシーンは撮影されてなく、分娩台の上から私が撮ったへその緒切断シーンが綺麗にメーンになりました(笑) 後から主人に感想を聞いたら へその緒の太さや胎盤の大きさにびびったらしいです。 私が撮影したころ 娘は看護師さんに抱っこされへその緒を切るパパを見守ってました! というか、血液に釘付け!! 衝撃的ですよね!大量の血液! でも泣くでもなく、 娘は一言『赤ちゃん!おとうと!小さいなぁ!』 娘の時は手術室だったので、できなかったカンガルーケアをして…その間に胎盤が出て…少しだけ縫ったり。 出血量は500cc普通よりは少し多いけれど問題ない量。出産の進みが早かったりすると出血も増える場合あるみたいです。 吸引分娩の娘の時よりは傷口も小さかったそう。 そうなんです!総合病院なのに…同じ女医さん!同じ助産師さん!だったんです。 娘の時が珍しいお産だったから、覚えていてくれまして…最後の処置をしながら 懐かしい話をしました。 主人も交えて。聞きたい事がいっぱい聞けました! 処置が終わり 娘も綺麗になった赤ちゃんを覗いて 指を触ったりしました。 娘『赤ちゃんから血がでたん?ママから血が出たん?おとうと!手を触ったよー!ママから産まれた? ほな ママのお腹ぺっこぺこ?!』 面白い発言で 分娩室がほんわかしました。 娘も2時30分には帰り、その後 初乳もあげて分娩台で2時間休みました。 眠れずに主人といろいろ話をしました! 穏やかに優しく。 改めて初めての自然分娩!! 思ったよりも?短時間でした! 出産を終えての感想は別記事にします!